ビーズ刺繍ジュエリーの作品の作り方は,フェルトにビーズを糸で縫い付けていくことでデザインを作り上げます。その後,裏布を合わせて仕上げていくのですが,ビーズ刺繍ジュエリーが行うレッスンは,仕上げの丁寧さが自慢であり,その丁寧な仕事に作品を見てくださった方も感心してくださいます。

仕上げ方はいくつものパターンがあるので作品によって違いはあるのですが,初級コースでは2作品目と3作品目からその本領を発揮するための技法が取り入れられています。

1作品目ではビーズを糸でいかに思うように縫い留めていくかを練習することに重きを置いているので,仕上げについては簡単に仕上げる方法を学びます。

が,1作品目での縫い留め方だけでも一粒刺しや,コーチングステッチ,花刺し,隙間なくビーズを埋める方法など,様々な技法を練習するので,ビーズ刺繍の基本的な技術を学ぶことができます。

針と糸で形作っていくビーズ刺繍はとっても手間暇がかかります。
が、小さなビーズ一つずつを縫い留めていくことで形を表す作品たちは,自分と作品との丁寧な関わりを実感するとても大切な作品の一つになっていきます。

そんなビーズ刺繍に魅了されて,ビーズ刺繍ジュエリーの初級コースを受講し始めました。

私は特にお裁縫が得意なわけではなく,縫物がとても好きという訳でもなかったのですが,1作品目を作っていくうちに,ピンワークやテグスワークとは違った感覚を感じられる「縫う」という感覚の面白さに気付きました。

かなり細かい作業になるので,慣れないうちは“いつまで縫い続けるんだろう”と思うこともありましたが,諦めずに続けて行けば,作品という結果がでることに,気持ちのうえでの充足感や達成感も高まって,「あ,出来た!楽しかったな」と感じられました。

大人になると,達成感や充実感を生活の中で頻繁に経験することは難しいと思うのですが,作品を生み出すという行為からは,自分のイメージを形にできた嬉しさや,何かを作り上げた満足感など,生き生きとした気持ちを感じられる体験と繋がっていきます。

自分が楽しめるものの一つとして,アクセサリー作りを一緒に楽しんでみませんか?

お申し込み・お問い合わせは下記のフォームからお願いします

お申込みフォームはこちらをクリック

ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。


皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

ChopinianaR(ショピニアーナR)