テグス編みスキルを磨く パールブレスレット

Muse Accessories🄬のMuseパールアクセサリーベーシック講座の中で作るコットンパールボリュームウォッチをアレンジしました(⌒∇⌒)

←課題であるコットンパールボリュームウォッチがこちら

時計というデザイン上,文字盤を中心として上下のベルトにあたる部分を別々に,テグスという透明の糸で編んでいくのですが,人は練習すれば上達するではありませんか!
ですから,編み方を必死に解読しながら,力加減を探しつつ編んでいった一番最初と,編み方に少し慣れ,程よい力加減を見つけた2度目の編み方では,出来上がりに差が出てしまうのです!!

そのため,私は最初に編んだ方を修正するように指導されたのですが,真面目(笑)な私は,もちろん,やり直しの前に1作品作って練習して,さらに本校への提出用の作品も,片方ではなく,両方を編み直したのです。

こちらがアレンジしたパールボリュームブレスレット→

それはもう,あの時の復習だけで編み方を暗記するくらい編んでおりました(⌒∇⌒)

その甲斐あってか,認定インストラクターになるための本校のaiko先生による作品チェックでも『きつ過ぎず緩すぎず,理想的な編み上がりで,とてもきれいに編めています』と,褒めて頂けました☆

練習するときに,時計を2つ持つよりもブレスレットにしたら綺麗じゃないかな!?と思い,時計と同じ穴の向きのパーツを事前に探していたのです(⌒∇⌒)

(縦に輪があるのか,横に輪があるのかで,最初の編み方が変わってくるのです)

そして出来上がったのが,このブレスレット☆
素敵でしょう( ´艸`)
(自画自賛ですみません汗)

頑張った甲斐がありました。

Museパールアクセサリーベーシック講座を通してアクセサリー作りのスキルが身につき,基本を応用して自分の作りたいもの,欲しいものを形にしていくことが可能になります(⌒∇⌒)

お申し込み・お問い合わせは下記のフォームからお願いします

お申込みフォームはこちらをクリック

ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。


皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

ChopinianaR(ショピニアーナR)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です